北回帰線(6)について

虚線の下絵ってなにー

男はしがない肖像画家。
一方、親友は画家として名声を得た。
差は明白だが、男の妻にはその違いが分からない。
愛する夫のため、肖像画の注文取りに奔走する妻は、次第に妖しい色気を増していく。
疑心暗鬼にかられた男が陥った罠とは──。
男女の業(ごう)をあぶり出す表題作ほか、2度の手術を耐えた男の「与えられた生」、英語通訳の心理を描く「通過する客」、見習い軍医の立場から二・二六事件を描く「首相官邸」、と鋭い人間観察が冴える全4篇の短篇集。
ストリートキッズのボス、アッシュは、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。
男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。
ベトナム戦争で、麻薬にやられて、正気を失ったままの兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。
謎の言葉『バナナフィッシュ』を追うアッシュに、暗黒街の黒影が迫る…! 大人気ハード・ロマン!!バナナフィッシュの謎を追い始めたアッシュは、暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネに逆らい、彼の部下マービンに捕えられてしまった。
ひとり脱出した英二の通報により警察が駆けつけるが、その時アッシュを慕っていた子分のスキップが殺されてしまった。
怒ったアッシュは警察の制止をふりきって、マービンを追いかけたが、ディノは素早く手を打っていて…。
バナナフィッシュの謎を追うアッシュは、暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネの罠にかかり、殺人の罪を着せられて刑務所に入れられた。
刑務所の中にはディノの命を受け、彼を狙う者たちが入り込んでいた。
一方、面会に行った際にアッシュから密かに連絡を頼まれた英二は、中華街で彼の友人のショーターと会い、アッシュの兄グリフィンのもとを訪れていた。
ディノに傷を負わせることはできたものの暗殺には失敗し、アッシュも負傷してしまった。
ディノを本気にさせてしまったため、ニューヨークにいることが危険になったアッシュたちはマックス・ロボの意見でアッシュの故郷、ケープ・コッドへと脱出した。
アッシュの生家に身を寄せた一行は久しぶりにおだやかなひとときを過ごす。
だが、ディノの部下たちの襲撃を受け…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013280