北回帰線(6)について

なるたる(9)のページ

機種転換訓練のためロシアを訪れたシイナの父・玉依俊二(たまいしゅんじ)。
街で助けてくれたバーブシュカに恩を返すため、彼女の行方不明になっている息子を捜すことになる。
そして異境の空の中、俊二は新たな「竜」に遭遇する。
遠方からの、シイナを呼ぶ声。
シイナはその声に呼ばれ、在日米軍が管理する封鎖地区に入る。
そこには米軍から逃げ出した「竜の子」、そしてそれを追う女がいた。
「竜の子」に対する米軍の執拗(しつよう)な攻撃が開始された――。
鶴丸(つるまる)に惹(ひ)かれていた。
でも、鶴丸を拒(こば)んでいくことを決心したシイナに現実が突き付けられる。
シイナは子供のままではいられない――。
人類を滅ぼそうとする須藤(すどう)を止めるためシイナは飛び立つ。
父とともに向かうその先に待つもの。
そして、終焉(しゅうえん)の幕が引かれる。
――世界は幕を下ろし、そして新たなカタチを知る。
未来へ贈るメルヘン、完結!主人公・辰木桂(たつきかつら)が暮らす神戸の街を、彼女の家族や大学の友人との人間関係を通して描いた“神戸体験紹介記”漫画。
第1話「友達のことと地震のこと。
」ほか第1話から第8話までを収録。
――読めばきっと神戸に住みたくなるはず!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016416