北回帰線(6)について

[コミック雑誌版]御用牙第11話についてのpage

“江戸北町奉行同心板見半蔵・かみそり半蔵の異名をもって天保の巨悪に牙をむく!”――大晦日でもないのに、北町奉行所前では多くの者たちが忙しく立ち働き掃除をしていた。
その只中、丸二昼夜一睡もせず、メシも食わず張り込みをしていた半蔵は芋を焼いて食っていた。
「新しく徒目付となった大野木玄蕃が糺察に来るから」と筆頭与力・大西は慌ててそれを止めようとするのだが…。
希代の堅物と横紙破りが出会った!  男と男、意地と意地の火花が散る!!“大阪新地の遊女・和泉とささらが繰り広げる、男と女の究極の駆け引き!”――ささらのアネサマである和泉は、位は太夫よりちと下ちる天神だけど新町女郎衆一の三弦の名手である。
文楽の前身・竹本座の竹本ですら、「遊女にしとくの惜しいわ…」と嘆く腕前だ。
正月六日、和泉たち夕霧の縁者はさっさと正月を切りあげる。
六日は夕霧太夫の命日なのだ。
大阪・新町に伝わる夕霧太夫の華。
妹分・和泉が受け継いだものとは…?“夕顔に写し見えるおんなの時と心のうつろい…女流時代漫画の傑作!”――「産みの穢れが地神を汚す。
よって女人は血盆池に堕ちるのじゃ。
子を産まずに死んだ者は藺草の芯で竹の根を掘らねばならぬ。
産んでも産まんでも、女は地獄行きじゃ」――餅で老いた父母の暮らしを支える一人娘の未来への不安とは…!? 歳を取ることへの脅えを綴る異色佳作!!“脈々と受け継がれた二大剣法の確執―許されざる白刃の伝説がいま甦る!!”――失踪していた笠間軍蔵が、甲冑姿で血を流した死体で発見された! この猟奇的な事件は、熊本・阿蘇山中の小さな町を興奮の坩堝に落としいれた。
その夕方、笠間の遺体から北へ1キロの林の中で、武者姿で死んでいる柳兵助の遺体も発見された。
これは真実、決闘なのか!? 脈々と受け継がれた剣技の二大潮流! 昭和武人伝・幻の問題作、ここに復刻!!“風雲児史観で描く!”――今は昔、「高度成長時代」なんてのがあり…。
1970年、まだこの国にディズニーランドも無かったその年。
日本人たちはバンパクという見世物にトチ狂い浮かれ騒いでいたのだった――。
「太郎に歴史あり。
マンガに歴史あり」漫画家みなもと太郎の自分史エッセイまんがシリーズ第5弾!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008395