▽レス始▼レス末
「鬼畜将ランス〜第一話 リーザス防衛戦〜(鬼畜王ランス)」B−クレス (2004.10.03 16:40)


 
 反乱が起きた翌日、反乱軍の攻撃に耐えるべく兵を配置した後

 リックは副将のメナド・シセイに後を任し

 バレスは青の将軍コルドバに後を任し、ランスと共に

 ハウレーンも、信頼できる部下に後を任し

 マリスが待っている、会議室へと集合していった
 
 
 「・・・・・なぜ・・・なぜエクスがこのような乱を・・・」

 「同感じゃ、エクス程の人物が、なぜこのような愚かな事をしたのだ」

  会議室に集まった後の一声が、リックとバレスの愚痴のような物だった

 「・・・・・・だが・・・エクス達の士気はそう高くは無いだろうな」

 「ランス、それはどういう意味?」

 兵の配置状況などを見ていたランスが、そうつぶやき

 同じく、将の配置をみていたハウレーンが、その言葉に反応する

 「・・・この反乱の首謀者をみればわかるだろう・・・」

 そう良いながら、反乱軍参加者一覧に書かれていたある貴族の名前を

 ランスはその護身用に持っていた短刀で突き刺した

 「・・・・?デューク候がどうかしたのか?」

 その突き刺された名前の貴族との面識があるリックが、ランスに尋ねる

 「あぁ・・・・こいつは自分のためなら人の弱みを利用する奴でな・・・

  多分・・メルフェイスさんの弱みを握りやがったんだろう・・・」

 ランスは、忌々しげな顔で、そう吐き捨てるようにいった

 「ランス将軍、それはどういう意味ですか?」

 そのランスの言葉に、静観を保っていたマリスが尋ねる

 「・・・・・・・リヴだ」

 「・・・・ぇ?」

 「だからリヴだ!!メルフェイスさんは、かつて故郷を護るために

  自身の魔力を急ぎあげる必要性があった・・・そして・・その時に

  リヴを・・・あの薬を使ったんだよ・・・・・」

 
 「・・・・リヴって・・・・・・あの・・リヴよね?」

 苛立ちながらいうランスに、ハウレーンが念のための質問を返した

 「あぁ・・・俺もエクスから聞いた話だったんだけどな・・・・・

  デュークの野郎、リヴの効力を知ってやがったんだろう

  それをだしにメルフェイスさんを脅そうと考えてたんだろうが・・・・

  反乱を考えて、エクスの方に脅す方を変えたんだろうよ

  エクスの奴、メルフェイスさんを護るために必死だったからな」


 ランスは、今にも襲い掛からんばかりの殺気を放ちつつ

 忌々しげに、悔しそうに、そう、語っていた・・・・

 
 リヴ・・・一種の禁断の秘薬であり、女性にのみその効力を発揮する

 その効果は恐ろしいほど高く、魔力を数倍程に引き上げるが・・・

 その代償は、女性にはあまりにも大きすぎた・・・・・

 リヴの代償はその使用した魔力にもよるが・・・最低二ヶ月に一度は

 自分より強い男性に抱かれなければいけないと言うものであった

 もし、抱かれなかった場合は、発情したかのようになり

 狂うまで・・そう、狂い死にするまで、その状態が続いてしまうのだ

 
 女性にとっては・・・あまりにも忌々しい代償だっただろう

 事実、メルフェイス自身も、リヴの代償に縛られていた・・・

 そこを、エクスが助け、そして、護ろうとしていたのだ

 ランスはその話を、酒場でエクス自身から聞いた・・・

 そして、それと共に、エクスがメルフェイスを護ろうとする意思の強さも

 その時に感じ取った・・・そして、自分も協力する事を決意した

 だからこそ、エクスが反乱に参加する可能性を、理解したのだろう

 


 「しかし・・・ほかの将軍達はなぜ反乱を?」

 マリスは、ランスに当然の疑問を返した

 そう、エクスが脅されて参戦したとしても

 ほかの将軍達が参加する理由が、理解できなかったのだ

 「・・・・エクスを利用したんだろうよ

  でっち上げの何らかの証拠・・伝統とやらが傷つく証拠を作った上で

  反乱に参加しうる将軍達に伝える、その上でエクスの参戦を匂わせる

  さらに、その上で前白の将軍も担ぎ出す準備をした上で・・・・

  エクスに乱を起こさせて、その将軍達を一気に引き抜く・・・・

  エクスの人望、知名度、性格等を利用したんだろうよ」

 ランスはまたも忌々しげに、そう呟いた・・・・・・

 確かに、ランスの考えは当たってもいたが、僅かに外れてもいた

 ランスの武勇をよく知り、その上で偏見無く見れていたのは・・・・

 前年の奪還作戦に参加した赤の軍とバレス、ランス直属の黒の軍の数部隊

 そして、奪還後のヘルマン追討作戦に参加した青の軍位だったのだ

 ほかの、特に貴族上がりの将軍達には、少々偏見があったのだ

 ランスの武勇ですら、子供に甘いバレスが根回ししたものだろうと

 そのような考えを僅かながら持っていたときに、リアのあの発言である

 まだ、マリスの案、近衛隊の隊長なら、リーザス城奪還の事実もあるため

 多少不満はあっても、止むを得ないと考えていただろうが・・・・

 さすがに全権を委任されることだけは、認められなかったのだろう

 リアからすれば、一年前、捕まったまま、誰一人救援がこなかった時に

 少数で、リア、マリスの両名を助けてくれた『騎士』であるランスにこそ

 軍権を託すにふさわしいと、少々色に曇った頭で考えたのだろう

 だが、リーザスの悪しき伝統に近い、代々の将軍達の地位が悪かった

 軍権を委任される黒の将軍は皆が皆、上流、中流、下流などの差はあれど

 何らかの形で貴族の血を引いているものばかりだったのだ

 バレスも、実力でその地位に上り詰めてはいるが

 バレスが将軍に任命される前に、形だけの貴族になっていた

 ランスは実力はあっても親も血族も分らない

 まして貴族としての地位も養子になって受け継いだもの

 実力で、形だけとは言え貴族になったバレスは

 その性格、実力、忠誠心もあって認められたが

 ランスは、実力はあっても形だけの貴族には自力でなってはいない

 血縁も、親の素性も、何もかもが分らない馬の骨と見られてしまうのだ

 そのため、ランスが軍権を委任されるかもしれないと聞いた上で

 エクスが貴族の反乱に参戦したと聞き、将軍達は一斉に参戦したのだ

 そう・・・首謀者であるデューク候の思惑通りに

 
 
 「そういう理由だったのなら、エクスは説得できれば「できねぇよ」」

 リックが、ランスの言葉を聞いて最善と思われる案を出すが

 間髪いれず、ランスに否定された

 「・・・私もランスの意見に賛成ね

  エクス将軍は、理由は何であれ、一度乱を起こした以上・・・・

  自分に付いてきた兵達を見捨ててまで、こっちに来るとは思わないわ」

 エクスの義理堅さをよく知っているハウレーンが、ランスの言葉に続いた

 
 「だとすれば・・各将軍を撃破、もしくは捕獲して士気を挫くしか・・」

  リックがそう呟いた瞬間、赤の軍副将のメナドが駆け込んできた

 「リック将軍!!エクス将軍の軍勢が迫ってきました!!」

 その言葉を聞いた瞬間、バレスは矢継ぎ早に指示をだした

 「ハウレーン!!コルドバ殿と合流し、敵の攻撃を防げ!!

  リック将軍は別方向からの攻撃に備えてくれ

  ランスは別働隊を率い、遊撃軍として各軍の援護に回れ!!」

 「了解!!」

 「リック!!メナドと一部隊を借りるぞ!!」

 「わかった!!メナドの部隊をそちらにまわす!!」

 三人はバレスの指示に応えながら、各軍が待機している場所に向かった

 ただ、あまりの急変に思わず動転したメナドは・・・・・・

 急いでいるランスに『お姫様抱っこ』状態で連れて行かれていたが・・・

 

 なお、その光景を到着する間見続けたハウレーンの頭に

 青筋ができたかどうかは、定かではない・・・・



 



 反乱軍Side

 「いいですか!!無駄に命を捨てないように!!

  リーザス城を護っているのはあの青の軍です!!

  不用意に攻めすぎて撃破されないように、兵はこちらが上です!!」

 反乱軍の軍権を任されたエクスは、自ら前線に赴いていた

 「・・・エクス、少々精彩を書いておるようだが・・・

  やはり、リーザス城を攻めるのは気が重いか・・・?」

 前白の将軍であるペガサスが、エクスにそう言葉をかける


 「・・・えぇ・・・正直、気乗りはしませんが・・・・・

  それでも・・・・こうやって剣を向けた以上・・・

  兵達のためにも・・やれる事はやりますよ」

 ペガサスの問いに、苦笑を浮かべながら、エクスはそう返した

 「・・・・うむ・・・・しかし・・・さすがはリーザス城・・・」

 「えぇ・・・一朝一夕で落とすのは困難でしょうね・・・」

 エクスの言葉にペガサスがうなずいた後、両将軍は城の方を向き

 攻撃していた部隊が離脱していく様を見て、そう呟いていた・・・






 正規軍Side

 「・・・いいな、メナド、しくじるんじゃねぇぞ?」

 「うん・・・わかってるよ、でも・・・本当に良いのかな・・・?」

 ランス・メナドの両名が率いる部隊は今戦闘を行っている門とは別の

 ちょうど反対側に当たる門に集結していた

 「あぁ、親父の作戦だ・・・エクスもそれなりに備えはしているだろうが

  俺達の狙いは兵糧、もしくは魔法部隊への一撃だけだ

  護りは親父達に任せれば良いんだよ」

 ランスはそう良いながら、メナドの頭をくしゃくしゃとなでた

 メナドは、赤くなりながらもそれを受けていた

 ・・・・ランスは、姉がよく自分にしてくれていた行動を

 無意識の内に別の人・・・しかも女性にする癖があった

 そのせいで色々とあったりするのだが、まぁ関係ないので置いておこう

 「さ〜て・・・いいな、休むことなくかけぬけろよ!!」

 ランスがそう叫ぶと共に、城門が開きランス・メナド混合軍は出撃した

 しかし、出撃した後に一枚の紙がその場に残され

 その紙をどこからとも無く現れた人物が拾った事は・・・

 ランスの指示と共に出撃した者達には・・・

 そう、紙を残した人物以外にはわからないことだった

 

 反乱軍Side

 「さすがはバレス将軍・・・そう易々とは抜けさせてくれませんか・・」

 休むこと無くの波状攻撃、さらに攻撃パターンも次々変化させているのに

 いくらリーゼスの難攻不落の城壁があれども

 その攻撃を何一つ退く様子も無く、防ぎきっているバレスの采配に

 エクスは本心から、感嘆していた・・・・・・

 (・・・しかし・・・何か違和感がある・・・・この違和感は・・・)

 その見事なまでの防衛を見ていたエクスが・・何か違和感を感じた

 そう、確かに見事な防衛だが、『護り』に徹し過ぎている感じがしたのだ

 赤の軍、さらにランス直属の黒の軍は突破力を誇る部隊である

 こうも見事に撃退されているのに、なぜ一切の追撃が無いのか・・・

 防衛で手一杯・・・と考えるには守りが堅すぎる

 ならなぜ追撃の為に軍をださないのか・・・・

 まぁ、追撃軍が出たらそれを撃破するだけの策は練ってはいるが・・・

 それを感づいていたとしても、あまりにも静か過ぎる・・・・

 いや・・・もしかしたら別働隊で・・・・・・・

 エクスの考えがそこまでいたった瞬間、エクスは即座に指示を出した

 「後方の魔法兵部隊に伝令!!急ぎ中軍と合流するように!!

  中軍は魔法兵部隊と急ぎ合流するように!!」

 しかし、エクスの指示を嘲笑うかのような報告が、

 ちょうどエクスの指示で兵が動こうとした瞬間
 
 後方に備えていた伝令兵からもたらされた

 「後方より敵軍が強襲!!将軍はランス、メナドの両将軍の模様!!」

 エクスはその報告を聞き、歯軋りをした

 確かに、自身乗り気ではなかったが・・・備えが甘すぎたのだ

 近接戦闘に向いてない魔法兵部隊を後方に置くのではなく

 中軍に置き、各軍で囲むように防衛すべきだった・・・・・

 兵力の多さに慢心し、防衛と僅かな突撃だけだろうと勝手な予想をし

 別働隊を考えなかった自分の甘さが、この状況をまねいてしまった・・・

 エクスは、急ぎ後方の部隊を迎撃するために、指示をくりだしていた

 




 

 正規軍 別働隊Side

 「でぇぇぇい!!邪魔だ!!」

 「邪魔をしないで!!」

 ランス、メナドの両名は、自ら先頭を駆け抜け、敵軍を撹乱していた

 ランスが攻撃目標に定めたのは、メルフェイス率いる魔法兵部隊

 ちょうど外周部分に当たる部隊が私兵による部隊だったことも幸いし

 後方より切り込んできたランスたちの部隊によって大混乱が起こっていた

 これが、統率が取れていたリーザス軍だったなら、微少の被害だけで

 混乱を収め、中軍と急ぎ合流していただろう・・・・

 だが、所詮貴族の私兵である、軍兵達が必死に応戦体制を整えても

 私兵達が余計な混乱を招き、収拾がつきにくくなっていったのだ

 「炎の矢!!」

 魔法兵部隊の中央に切り込んでいったランスに、魔法の矢が襲い掛かる

 ランスはそれを難なくかわし、その見知った顔に、不敵な笑みを漏らした

 「よぉ・・・久しぶり、メルフェイスさん」

 「えぇ・・・久しぶりね、ランス君・・・・」

 互いは互いに警戒をしつつ、言葉をかわした

 「できれば、早く降伏してもらいたいんだけどな・・・」

 「・・・悪いけど・・・あの人が戦っている以上、降伏はできないわ」

 ランスはそのメルフェイスの言葉に、確信を持った

 間違いなく、脅されたのはエクスのみ

 そしてエクスは、メルフェイスに一切手を出さないことを代償に

 やむを得ず、軍を動かしたのであろうと・・・・・・

 「そうか・・んじゃ・・・捕らえさせてもらいますか!!」

 「・・・そう簡単にはいかないわよ・・・火爆破!!

 ランスの剣とメルフェイスの魔法、本来ならランスが優勢だっただろうが

 メルフェイスも、リヴによって強化されているのだ・・・・

 距離を開かせるように魔法を撃ち、その上で追撃する・・・・

 ランスはただひたすらに機を待ち、回避に徹していた・・・




 正規軍 本隊Side

 「うむ・・・どうやらランスが切り込んだようだな・・・

  城門開け!!わが軍も撹乱の為に出撃するぞ!!」

 敵陣がどこかあわただしく動き出した様子から

 別働隊の強襲成功を悟り、バレスが更なる追撃の為に出陣した

 普通ならば、このタイミングでの突撃は愚かかもしれない・・・だが

 バレス率いる黒の軍、リック率いる赤の軍は・・・・

 僅か500の兵で後方に切り込んだランス達を助けるべく

 出陣し、敵陣に痛撃を加えてやろうと、士気高い状態であった

 この辺りが・・・ランス、メナドの人望をよく表していた


 「よいか!!ランスに負けるでないぞ!!全軍・・・突撃〜〜!!」

 「敵の殲滅を考えるな、あくまで突破による撹乱が狙いだ!!

  全軍・・・ひるむことなく駆け抜けろ!!」


 リック、バレスの両名の鼓舞に応えるかの如く

 両名が率いる軍は、凄まじい勢いで敵軍に突撃していった





 この時、反乱軍の最大の失策は・・・・・

 後方強襲による撹乱を、急ぎ収められなかったことであろう

 後方に備えていた部隊の大半が貴族の私兵団であり

 しかも、それを率いるペガサスとの関係も、そう強固なものではなかった

 そのせいか、魔法兵部隊の混乱が伝染し

 エクスがその収拾に向かわざるをえなくなってしまったために

 バレス、リックの両軍の突撃に、即座に対応することができなかったのだ


 さらに、バレスが自ら兵を率い、突撃してきたと言う事実が

 反乱に参加した黒の軍の兵達に動揺を走らせた

 ランスの保護者でもあるバレスが今回の反乱に参加しなかったのは

 理解はできても、納得はできていなかったのだ

 何とか上手く話ができれば自分達に力を貸してくれるはず・・・

 反乱に参加した者達は、そう淡い期待を抱いてもいた・・・・

 だが、自ら軍を率い突撃してきたと言う事実が

 自分達の期待がありえない物だったということを証明し

 その結果、僅かとはいえ、動揺を走らせたのだ



 その二つの要因が絡み合った結果・・・・・・

 リック、バレス両軍の突撃を妨げる事ができず

 混乱は、反乱軍全体に広がる事となった・・・・







 「雷撃!!炎の矢!!火爆破!!」

 ランスとメルフェイスの戦いは続き、魔法と剣の差か

 段々と距離が開き、メルフェイスが優勢になったと思われた瞬間・・・

 「ランス〜〜〜〜〜〜〜!!無事か〜〜〜〜〜〜!!」

 攻城のため、横広がりになっていた反乱軍の布陣を

 中央から引き裂くように突破して来たバレス率いる部隊が

 メルフェイス率いる魔法兵部隊に接触しようとしていた

 「なっ!?こんなに早く・・・・!!」

 メルフェイス自身、軍全体の混乱は悟っていた

 だが、いくら混乱したとは言え5000もの軍である

 いずれ突破されるとしても、ランスとの戦いから離脱する時間は稼げると

 そう予想していたのだが・・期待を裏切る速度で突撃して来たバレス達に

 驚愕と、畏怖の念を抱き、ランスから意識を外してしまった・・その結果

 「もらった!!」

 「なっ!?・・・炎の・・!」

 ドサッ

 一気に接近して来たランスに対抗するべく魔法をくりだそうとするが

 詠唱はかなわず、途中で前向きに倒れ始め、それをランスが受け止めた

 「・・・・よくやった、かなみ」

 「まったく・・・私が参加しなかったらどうするか考えて無かったの?」

 ランスはメルフェイスを受け止めた後

 メルフェイスの背後に何時の間にか現れていた忍衣装の女性

 リア直属の忍びである見当かなみに話しかけていた

 そう、ランスが出陣した後にその場に残された紙は

 メルフェイスを確実に、傷つけずに捕獲するための策だったのだ

 問題はその策がかなみ程の力の持ち主で無いと不可能だということだが

 主君の命令に忠実であるべきとされる忍びで、もっとも有能なかなみが

 リアの命令でランスの警護を任された事を知っていたランスだからこそ

 紙をわざと残すことで、その策を伝えれることがわかっていたのだ

 「まぁ、成功したから良いだろ?

  親父、そろそろリックの軍と合流して離脱しよう

  そろそろ収拾がついてきたみたいだしな・・・・

  かなみ、メルフェイスさんを頼む」
 
 ランスはそういうとすぐにメルフェイスをかなみに託し
 
 自らの部隊を集結させ、メナドの部隊との合流を開始した

 
 その後、収拾がついた反乱軍が反撃に出ようとしたが

 既に正規軍全軍が迂回するような形でリーザス城に帰還し始めていた

 

 エクスはその事を理解すると追撃は取りやめ、損害の確認を急いだ

 その中で、メルフェイスが捕虜になったと聞いたエクスが

 なぜか安堵の表情を浮かべたのが、他の将軍達に疑問を抱かせた・・・






 その後、反乱軍は被害状況を考えリーザス城攻撃を取りやめたのか

 各都市に兵力を分散し、各都市に将軍を一人ずつ配置していった

 それに頭を抱えたのは正規軍の方であった

 一都市でも将軍のいない都市があれば落とすのは容易かったが

 各都市に将軍がいる以上、攻撃したとしても連絡を取り合われたら

 即座に連携を取られるだろう・・・・・

 しかし、いくら今回の戦いで相手に痛手を与えたといっても・・・

 正規軍3964名

 反乱軍7548名

 まだまだ兵力では反乱軍の方が上手であった・・・・・


 兵力の増強、リーザス城の防衛、各都市の奪還・・・・

 正規軍が抱える問題は・・まだまだ山のように存在していた・・・・





 後書き

 ん〜・・・やはり戦争単位での動きは苦手です・・・(ぉぃ

 まぁ・・・その辺りの突っ込みはできるだけやさしめにお願いします

 次回は、両軍の一時休戦状態、戦力の再編成関連になるとおもいます

 取り合えず今回は・・・メルフェイスさん捕獲(ぉぃ

 次回は・・・ある魔法使いの登場・・・になるかな・・・?

 では取り合えずレス返し〜

 けるぴーさん

>そのうち溜まってたモノが暴走して原作よりも凄いことになるのでは。

 ・・・そうですねぇ・・・ある要因で暴走する可能性が・・・(ぇ

>ピンクのもこもことカスタム組

 カスタム組ともこもこさんはなぜか同じ街で生活中(爆

 ランスUの時にもこもこさんと組んでカスタム動乱を平定してます(ぉぃ

>リアかぁ、未だに女の子狩りしてんのか?

 ランスV位まで狩りしてましたが、現在沈静化・・沈静だけですが(ぇ

>ヘルマン攻めてきたときの魔人はカオスでプチ殺したのか? となるとセルさんは? ランスまともそうだしカオスはいつでもおk?

 一応カオスを振るって迎撃しましたが・その後の騒動で

 カオスは使い手の意識を『汚染』するという認識がセルさんに産まれました(ぇ

>五十六とパステルとの仲はどうなる

 ん〜・・・一応考えてはいますが・・ある意味ランス君災難かも(ぉぃ

> ハウレーンとの仲は良好? だとしたらなぜにエクスも反乱したのか?

 今回書いたように、エクスとメルフェイスの仲が進んでいたから反乱が起きました(ぉぃ

>メナドは? ランスちゃんと見てるか?同じ副将同士だし

 副将という関係とリックとランスの関係上それなりに親しい仲ですし

 そして、ザラックはランスにリンチ気味な訓練を受けて除隊されました(ぇ



 アーベンさん

>シィルはどうなるんですかね?プロヴァンス家のメイドとか?
>志津香やマリア達との出会いも原作とは違うのかな?

 けるぴーさんへのレス返しのとおり、少々違った形になってます
 シィルは冒険者ギルドに属してますが、現在カスタムで療養中です


 通りすがりさん

>そういえばランスって自分の本名知らなくて、戸籍豹にはランス・スーパーキングって登録してたんだよな、とか思い出した。

 だからこそ今回は戸籍をちゃんと与えて見ました(ぉぃ


 立ち止まりさん

>ランスの世界の神様って、クジラじゃ・・・なにか1枚噛んでそうで

 一枚噛むのはこれからかも・・・(ぉぃ

 まぁクジラさんというかLPさんの方が動乱の元になるかも(マテ

BACK< >NEXT


△記事頭
  1. レス返し続き〜

    サキさん


    >あの馬鹿笑いも、出所不明の過剰な自信もなく、
    >ハイパー兵器を錆付かせているランスなんて
    >ランスじゃないと感じる方もいるかもしれませんが、
    >そこは鬼畜「将」としてスタートさせるための方便として割り切り、
    >今後の展開に期待しながら、
    >ランス君の鬼畜化を待とうと思います(ニヤソ

     鬼畜化が始まるのは・・・まぁある真黒い剣が合流した辺りかも(ぇ

     ・・・その前に・・ランス近辺の女性が壊れそうですが(爆

    >個人的には鬼畜化しないランスも見てみたい気がしますが、タイトルに「鬼畜」と謳ってありますしねぇ(苦笑

     ランス自体は『普段は』鬼畜ではないです(ぇ

     鬼畜の意味に残虐などがありますので・・・・

     さすがに反乱時にはそれは出せませんが、最悪ダーク指定シーンがでるかも・・・(ぇ

     ・・・・作者がダーク苦手なのでどうなるかは不明ですが(ぉぃ


     hamaさん

    >ただこの設定では反乱の理由が少し弱い気がします。原作では反乱が起きて当然と言う感じでしたが、この状況では貴族たちはともかくエクス達が反乱を起こす理由が足りないと思います。

     はい、それは私も重々理解しています・・・・

     しかしリーゼスの反乱を後の火種にしようと考えているので・・・

     今回出したもう一つの反乱理由も、弱いとは思いますが

     とりあえずの反乱理由として、不満でしょうが、納得して置いてください


     Danさん

    >やったことがある人は、誰しも一度は考える、「まともランス」
    でも、この先どうなるのかが予想が付かないですねー

     作者も予想付きません(ぉぃ

     でもランスがまともになったしわ寄せが・・・他のキャラに行くかも・・

     いまだに台詞0のリア辺りに壊れてもらおうかな・・・(ぇ


    >ところで「おにちくしょうランス」ですか?「きちくしょうランス」ですか?

     一応語感もあるので「きちくしょうランス」の方でw

     おにちくしょう・・・そうか・・そういう方法もあったか・・・(ぉぃ



     猫のミケさん

    >なかなかランスの設定がめずらしー感じでいいっすね。
    ただやはりランスの魅力は、アレですからメルフェイス捕獲の時はやっぱり…

     うむ〜・・やはりあっち方面に期待されている方が多いのか・・(爆

     指定喰らわない程度に・・というかどこまでが指定限界なのか・・(ォぃ

     女性の方が暴走する恐れが高くなりそうですが・・・(ぉぃ

    >ところでハウレーンは、ブラコンですかね?ブラコンがいいな〜

     ブラコンかどうかは今回の話を参照に(爆

     まぁ、青筋・・できたかどうか・・・・一応確率的には・・・

     発生95.8% 非発生4.2%ではありますが(ォィ

    >私としては志津香が好きなのでどう絡んでくるか楽しみですね。

     志津香はかなりメインをはると思われます(爆

     だって・・初期段階では最高Lvの魔術師ですからね〜(ぉぃ

    >主要な女性キャラはやっぱりランスの部下に入ってもらいたいです!

     ん〜・・・一部主要でも部下にならない人が・・(ぉぃ

     まぁ、そういう人は大抵暴走してもらうとは思いますが(マテ



     一応今テスト期間中なので、次回は遅くなるかも・・・(爆

     では、生暖かい目でお待ちください
    B−クレス(2004.10.03 16:40)】
  2. わーい。ハウレーンがブラコン確定気味!

    ランスがまるっきり別人だな〜
    「黙っていれば美形」なランスがまともってことは…
    女性関係で思いっきり荒れそうな予感。原作では、ランスの性格もあって「荒れた」ことって無かった気がする。
    …女難なランスが見れたらおもしろいなぁ。

    アーベン(2004.10.03 17:28)】
  3.  ランスがマトモだとカリスマ性が顕著に表れ天然ジゴロになると・・・・
     あとバカな貴族とダニは後で一掃ですねぇ・・・・まぁ勝てば反乱を理由に狩れますけど・・・・

     ココでふと・・・・・ランスが将軍だと鬼畜『将』になるんですんか・・・・するとランスが女だと鬼畜『姫』になるんだろうか?(^^;;;
     でも!ランスのTS物であるラン・ラン・ラブソディはお薦めです!!1度読んでみましょう!!!
    D,(2004.10.03 17:29)】
  4. 高い戦闘力、決断力、強運、人望、歴史に残る英雄になれるだけの資質を備えた超一流の戦士だが…中略…この世界にとって最大の不幸は、世界を救うかもしれない逸材は、目の前の女を抱く事しか考えない鬼畜野郎て事だ。
    (ランス5Dキャラ紹介より)
    ああっ、世界にとっての最大の不幸が無くなっているっ!!
    じじ(2004.10.03 18:41)】
  5. ども、ランスは6しかやってないほんだら参世です。
    まあでも、そんな自分でも面白いと思えるんですから、やってなくても面白いと思えるって事ですね。
    とりあえず、ニブチン属性で、女難の気有りなランスだったら良いな、なんて思いながら次回を楽しみにしてますね♪
    ほんだら参世 (2004.10.03 18:50)】
  6. リーザス軍籍、バレスの養子ランス君という事はリアとの結婚はありませんね。バレスの性格からして認める訳はありませんからね。
    鈍感なランスというのも面白いと思います。
    カスタムの四魔女+αは自覚無しで陥落済みなんでしょうね。
    リーザス城内でも懸想している女性は多いような気がします。すずめとか
    (個人的にはハウレーンと経験済みを希望←故に「鬼畜」)

    それとツッコミを一つ
    プロローグでランスが緑の鎧を纏っているという記述が有りましたが、黒の軍の副将なら黒の鎧では?
    個人的に好意的に解釈するなら、マリスの肝煎りでリア王女の武装親衛隊(レイラの親衛隊とは別組織)が、先のリーザス城解放戦に武勲の有った一般兵を主力として編成され、それの俗称が緑の軍となる為初代主将のランスが緑の鎧に身を包んでいたと言う事になるのでしょうか?
    菅根(2004.10.03 19:34)】
  7. 面白いっすね、鬼畜王ユーザーの俺からしてみるとエクスとメルフェイスが仲がいいのを黙ってみているランスが新鮮。けどエクスって死んだ女房にいまだに操を立てていてメルフェイスとはりぶの呪い回避以上の関係ではなかったはず?
     あと、このランスはリアからのラブコールをどう切り抜けているのでしょうか?本編と違いリーザスに籍を置いている場合マリスの力で簡単に追い詰められそう。それともリア命のマリスともいい仲なのでしょうか?
     やっぱりレイラさんはリックに恋しているのでしょうか?個人的にはランスといっしょがいいです。
     このランスは意図的に女性を口説いている頭がいい方なのか天然かとても気になります。

    いろいろ書きましたが、今まで全く読んだことのないランス。続き楽しみにしています。がんばってください。

    ところでアスカは何処に??



    IZEA(2004.10.03 21:21)】
  8. こんばんは〜、今回も楽しかったですよ。
    今回の戦いでは、ランスの強さがイマイチ分かりづらかったんで次回に期待ということで…

    メルフェイスのリブの禁断症状は、どうなるんですかねー?
    やっぱりランス君がムフフ…って感じですかね。
    それじゃ、頑張ってください!!
    猫のミケ(2004.10.03 21:37)】
  9. レス返し〜Part1 今回から容量削減型で(ぇ

     アーベンさん

    ブラコンは確定コースですが、どこまで恐ろしい形になるかは不明(ぇ

    ランスの女難は・・『将』として生きている間は確定でしょう(ぇ


     D,さん

    天然ジゴロというか・・・(才能ある)女性ホイホイ?(ぇ
    ダニ退治はランスに任せましょう・・・・・ 
    鬼畜(ダーク)な面を見せてくれるでしょうから(ぉぃ
    ・・・ある意味忠誠あふれる鬼畜になりそうな予感が・・・(ぇ


     じじさん

    えぇ、確かに世界にとっての最大の不幸は回避されたかもしれませんが・・・・
    逆にランスにとっての『不幸』は回避されてはいませんので(爆

     ほんだら参世さん

    やってなくても面白いと思えるのは多分原作が良いからだと(ぉ
    ふむ・・・恋愛不感症なランスをご所望ですか?(ぇ
    ・・・・・その場合、余計に女難ふえそうだなぁ・・・(ォィ
    B-クレス(2004.10.03 22:03)】
  10. レス返しPart2〜 万が一の容量オーバー回避策(ぉぃ

     菅根さん

    カスタムの四魔女は、陥落2、陥落寸前2という状態ですね〜(ぇ
    +@の存在はすばらしい状態でもありますが(ぉぃ

    リーザス城内では・・・そうですね〜簡単にあげれば・・・
    姉とか、姉さんとか、義理の姉とか・・(マテ
    ↑は、置いておいて一応リーザス城奪還最大の功労者として
     メイドさん、女性仕官兵の受けは良いです(爆
    女性体験に関してはあえてノーコメント(ぇ
    唯一言・・・良い仕事してますね〜その勘の冴え・・・(ぉぃ

    鎧に関してですが、一応大規模軍事行動時は黒の鎧を使ってますが

    ある女性から送られた緑の鎧を、一般の訓練時には愛用しています(ぇ

    リックとの訓練時は、評定の報告待ちということもあって

    緑の鎧に着替えなおして、剣の訓練をしていたのです・・・(ぇ

    次回で・・・・その女性との合流になるかな・・・・?

    取り合えずその女性を一言でいうと・・・『運命の人?』

    説明不足でいらぬ混乱を生んだようです・・・申し訳ない


     IZEAさん

    確かにエクスは男女関係での操はまだちゃんと立てていますけど

    メルフェイスを傷ついた小鳥や娘のような感じで接する事で

    なんとしても保護しなければいけない人物と認識しています(爆

    ちなみにエクスの意識改革を行ったのは、ランスです(爆

    本編にあった酒場この事のフラグだったりします(マテ

    次回メルフェイスとの会談時のネタにしようとも思いましたが・・・

    ここで暴露して、次回のネタは撤去しておきます(マテ

    取り合えずレイラさんはリック派で、アスカは・・・・・・

    正直ごめんなさい、ある某天才軍士をどう出すか考えてたせいで

    アスカの存在を完全に失念してました・・・・(ぉぃ


     猫のミケさん

    ランスの強さがわかるのは、多分魔人戦位からかな・・・・

    禁断症状・・・これが一番厄介ですね〜

    ランスからムフフ…すると姉とバレスの説教フルコースでしょうし

    ・・・メルフェイスから襲わせるか?(爆
    B−クレス(2004.10.03 22:20)】
  11. 読ませてもらいました〜

    ぬぅ、ランスがまとも(?)…
    斬新といえば斬新だけど…まぁ暴走するみたいだしやはりランスだ、ということで期待しております。

    ★ランス
     灰汁がぬけている分格好良くなっていますが、リックに引き分けたりとちょっと弱くなった印象が…別のSSを良くみるせいかな?(汗
    ★反乱理由
     貴族あたりが理由になるのなら色々なケースができますよ〜
    ・DXの会の関与(潰された貴族が取引相手で取引等の重要な証拠をマリスに押えられた)
    ・ヘルマンの関与(こちらもステッセルあたりが麻薬などの取引でDXの会と親密。その上でリーザス貴族を唆して蜂起させた)
    ・自由都市連合の関与(DXの会はともかく他はランスとの何らかの関係で狙っていた。ポルトガル辺りが妥当かと)
    上記に挙げたのは外的理由ばかりですがどうでせう?

    それでは頑張って下さい。
    都司(2004.10.03 23:13)】
  12. レス返しPart3〜

     都司さん

     ん〜、リックに引き分ける時点で十分強いと思うんですけどね〜

    実際魔人戦とかでランスが目立つのはカオスか日光があるからですし

    いくら才能限界無限ででも、リックを簡単に倒せるLVになるのはかなりきついかとw

    この世界ではランス(平常)=リック(平常)という状態です(何

    反乱理由・・・一応外的理由も考えていましたが・・・見事です

    当初の予定では、DXの会とは別にステッセルの策某によって
    前年の侵略に対するヘルマンへの逆襲を防ぐ、というかさらに弱体化させるために
    反感を持っていた貴族をあおり、金銭支援を秘密裏に行うことで
    リアの勢力をそごうとしていた・・・という理由でしたが
    そちらの反乱に関する案・・・いただかせてもらいます(ぉ
    合わせた上でよく吟味して、どういう形になるかを決定したいと思います
    B-クレス(2004.10.03 23:28)】
  13. もう一つ効きたいことが
    反乱にマリスは関わっているのでしょうか?
    リア体制安定のためわざと貴族などリア反対派を先導したのでは?

    IZEA(2004.10.04 00:07)】
  14. ピンクの牛さんどうでもいいのでアールコートを早く出してください(ぉ
    (2004.10.04 08:01)】
  15. はじめまして、プロローグから一気に読ませていただきました。

    ランスが王になってないってのは結構あると思いますが、
    将軍になっているというのは初めて見ました。

    最初は「ランスが人の下につくか?」と、考えましたが、この設定だと結構納得です。

    更に、個人的にお気に入りキャラであるメナドに寄生しているダニは既に駆逐済みのようで…良きかな良きかな(〇 ̄▽ ̄〇)彡
    あとは、すずめちゃんを利用してるゴミ(親父)も駆逐して欲しいなぁと思ったりします。

    ん? そういえばリアは処女のままですか?


    矢沢(2004.10.04 10:32)】
  16. レス返しPart4〜

     IZEAさん

    いやはや・・鋭いですね〜一言で言えば、その通りですw
    リアの軍権委任発言は、マリスさんが仕込んでいたりします(ぇ
    ちなみに、貴族が反乱起こさなかった場合は
    ランスにバレスの後任を任せる予定でした
    マリスからすれば、他の下手な将軍よりは
    ランスの方がよっぽど信を置けるからです
    反乱後に一斉摘発(処分)をする予定だったりします(ォィ


     葵さん

    アールコートさん=天才軍師さんですね〜ww
    一応アールコートさんはかなり早めに出現すると思います(ぇ
    この世界のランスと、面識は持っている設定なので(ぉぃ
    軍師少ないリーザスにとって、貴重な戦力になるでしょうww

     矢沢さん

    ダニは駆逐してますが、ゴミはまだ駆逐終わってませんね〜(ぇ
    もっとも、ランスはゴミに信を置いてないので・・・
    ボロを出せば即座に処分ですが(ぉぃ

    リアは処女のままですよ〜・・・男女関係では(ぉ
    ただ、女性狩りの経験があるからなぁ・・・・(汗
    女性狩り鎮静化もいつまで持つことやら・・・(マテ
    B−クレス(2004.10.04 12:59)】
  17. 久しぶりに来て見るとランスのSSが!?バレスの息子でまともな性格言うのは始めてなんで新鮮です。この前までランス6をしていたんで、リズナやウルザを出して欲しいところですが…次回を楽しみにしてます。 美樹ちゃんや日光さんはどうなるんだろう
    Shin(2004.10.04 14:02)】
  18. 遅レスですがどうもです。
    いや〜、まともなランスってカッコイイですね〜。原作の性格では女性から嫌われる要因だった強引なところとか傲岸不遜なところとかも、少し変わるだけで好意的に受け止められるでしょうし。
    ところで、あの真黒い剣に影響受けるみたいですが、きちんと独占欲発揮して行為自体にはあの剣は殆ど関わらせないで欲しいですね。…描写が殆ど無いにしても。
    しかし、ランスが真面目なんですから、強くなる成長速度は原作より早そうな気がしますがそこら辺どうでしょう?いや、才能限界無限なのは変わりませんから、努力とか向上心とかでいくらでも伸びるでしょうし。しかも子供の時から。
    そういえば、ホーネットとか魔人の扱いはどうなるんでしょう?
    匿名希望(2004.10.04 20:02)】
  19. レス返しPart5〜

     Shinさん

    多分バレスの息子というアイデアは私が初のはず(ぇ
    当初の予定ではガンジーさんとか先代魔王ガイとか
    あのクジラさん関連も考えていたのですが・・・
    まぁバレスさんが妥当だと思い(最初に思いついたし)決定しましたw
    ランス6はやってないので出しようがないです(爆
    鬼畜王もCD思いっきりなくしたから・・・・
    他の方の再構成SSを見て思い出すしか・・・・
    ゼスの方々の感触完全に忘れてたり・・・(汗
    何とかしてもう一度仕入れないとなぁ・・・・(ぇ

    LPさんと日光さんですか?
    そうですね〜・・・ややボケキャラになってもらうかも(ぇ
    健太郎君は気にされてないようなのでいっそ植物人間に(マテ


     匿名希望さん

    この世界のランスは強引な部分は戦闘時のみです(ぇ
    真黒い剣が関連すれば話は別ですが(ぇ
    真黒い剣の効果は時差があるので行為には混ざりようがないですね〜(ぇ
    もっとも・・・指定一度も書いてない私は描写すら書けませんが(爆
    描写の部分は他のSS作家様に委任なり志願制なりを立てようかと(マテ
    確かにまじめなランスですが、だからこそ成長はやや遅め(ぇ
    軍にいる以上単身洞窟とかは無理ですからね〜
    カスタムの乱も偶々指令を受けての参加ですし
    実戦に勝る鍛錬はないですから・・・
    戦争が起きまくってれば話は別ですが(爆
    ホーネットさん達は・・・結構良い目を見るかも(ぇ
    某天才軍師さんが早期合流する予定なので
    彼女の策でホーネット軍に張り切ってもらいましょう(マテ
    B-クレス(2004.10.04 20:55)】
  20. またもや書きます
    天才軍師とは現○ロの配下の女性では?
    あの方そのまま魔人領にいくことになるのですか?
    天才病院はどういういきさつで立つのでしょう?
    最後に一つ、ランスは現時点(第1話)で何人に手つけているのでしょうか?
    マリスともうヤってると面白いのですが
    IZEA(2004.10.04 22:31)】
  21. ほほう、なるほど。
    つまり現時点では原作よりやや弱めですが、戦争がはじまったから(今回の反乱がきっかけではじまるから)原作以上のスピードで一気に原作に追いつき、魔人達が相手の段階で一気に原作を追い抜くわけですか?
    単身で洞窟とかが無理だったから原作より弱めとのことですが、かわりになんか原作では手を出してなかったような分野の能力身に付けてたりはしないでしょうか?
    しかし、真黒い剣もあれですが、真面目なランスって日光さんとかなり相性良さそう。いっそ才能にあかせて二刀流とか。
    ホーネットさん良い目見ますか。出来る女性にはランスと思いっきりからんで欲しいですし良い感じです。
    同じ理由で僕も最高に優秀なマリスと既に関係あるといいな〜、とか思ったり。
    しかし、原作よりすごく多い女性と絡みそうで、原作のような地位とかいい加減な性格とかがないぶん、ランスの未来には滅茶苦茶薔薇色な不幸が待ってそうですね。
    匿名希望(2004.10.05 01:54)】
  22. B−クレスさん 鬼畜王ランス 改め鬼畜将ランス読ませてもらいました
    新たなる展開にとっても期待しております
    ここのランスはある程度まじめですね 女性関係はもっとまじめになってますが そうそう 馬鹿剣を使用している時に馬鹿剣の性格に影響されいる
    状態のランスが本来の自分ってな感じに感じて欲しいですね
    それでは 馬鹿剣とランスの漫才楽しみしてます
    神威(2004.10.05 01:57)】
  23. う〜ん、まじめで軍にいるから成長遅いっていうのはどうなんでしょうか?
    そうなると将軍達よりも冒険者達の方が強いという印象を受けてしまいます。でもゲームでは将軍クラスにいる人間は断然強い。(例外はありますが、もともと才能のない人間は軍人だろうが冒険者だろうが弱いでしょうし)
    それにこの世界ではレベルアップのシステムは結構一般常識っぽいので、効率の良いレベルアップの為に、訓練の一環や任務で洞窟にいってモンスター退治などもやりそうです。
    ジョンブル?さんも普段の鍛錬を怠ってさえいなければ、人類最強なのではといっておりますし、なんかこのランス鍛錬しまくってるという印象を受けるのですが、それに才能限界無限もランスの特徴ですがレベルアップの速さ(必要経験値の少なさ)もまたランスの特徴の一つだと思いますし。
    まあ、このランスが原作よりも弱いかというとそうとも言いきれませんが、実際WやYではリックを超える前にクリアできますし、リックと互角と言う時点ですでに人類最強クラスですしね(トーマは死んでるでしょうし)。それにリックもまたランスという好敵手を得たことで原作よりも強くなっているかもしませんし。まあもっとランスの強さを表に出しても良いのでは?とは思いました。
    それにしてもこのランスは馬鹿剣よりも日光さんとのコンビがすごく似合いそうです。健太郎なんか捨てて乗りかえるんだ日光さーーーん。
    かく(2004.10.05 06:51)】
  24. 鬼畜将ランス、面白かったです。
    ところで、この世界の騎士の鑑のランス君だとサーナキアちゃんと相性がよさそうですね。
    原作で彼女がランスを嫌うのはその性格が原因ですから。
    それがなくなってるんですから憧れの人になっていてもおかしくないですね。
    はたしてどうなるのか。
    続きを楽しみにしています。
    36軍曹(2004.10.05 09:03)】

▲記事頭


名 前
メール
レ ス
※3KBまで

画像投稿する(チェックを入れて送信を押すと画像投稿用のフォーム付きで記事が呼び出されます、投稿にはなりませんので注意)

文字色が選べます   パスワード必須!
   
cookieを許可(名前、メール、パスワード:30日有効)



↓ここで使える疑似タグはこれだけです(組み合わせは可)
疑似タグは全角大文字で、終了タグ<>を忘れずに!
記入例表示サンプル
<|$B|>太文字<>太文字
<|&S|>打消し線<>打消し線
<|%S|>小文字<>小文字
<|%L|>大文字<>大文字
大文字の多重掛けでは文を短めに

記事機能メニュー
記事の修正・削除および続編の投稿ができます
対象記事番号(記事番号0で親記事対象になります、続編投稿の場合不要)
 パスワード