『自費出版を書店で売る_自費出版小説販売ルート : 自費出版を書店で売る』へようこそ!
こちらは、『自費出版を書店で売る』の口コミ情報ページになります。

それでは、早速……
自費出版とはなんでしょう?

ひとくちに自費出版といっても、いったいどういうものなのか? 辞典を調べてみると「著者が出版物の作成費用を負担する出版」などと書かれている。日本自費出版クラブによると自費出版とは、「著作権を有するものが、全てのリスクと内容に責任を負い、その主導権のもとに発行する出版物」と定義されている。

さーいきなり、難しいことになります。しかし、難しいことは分解してみると分かるものです。

まず、「著作権を有するもの」とは、出版における著者のことです。漫画(コミック)や小説、ブログを使ったエッセイ集ならば作家の先生ということになりますし、写真集なら写真家(プロとかアマチュアとかではなく)ですし、絵本や画集なら画家ってことになります。

何人かが集まって詩集や句集、文集を出す事もあるでしょうし、会社の社史なんてこともあります。「著作権を有するもの」は個人ばかりではありません。しかし、多くの場合、「著作権を有するもの」は著者ってことになります。

そして「全てのリスク」ですが、これはほとんどの場合、費用面のことについてです。例えば、自分の本を出そうと思って、原稿を書きます。本を出版するには数度の校正が入り、校了(OK)して、印刷して製本して……そこで原稿にミスが……なんてことになったら印刷や製本代がもう一回かかってしまいます。このようなリスクを含めた「全てのリスク」ということです。

次に「内容に責任を負い」とは、原稿の内容ということです。他の著作物からのパクリであったり、他の人を中傷する内容であったり、法律に触れる内容であったり……そんな内容に関しての全ての責任という事です。よく出版差し止め、慰謝料請求、謝罪広告などの新聞記事がありますが、これらの責任を全て負うということになります。

さてさて、今までさんざん怖いはなしばかりでしたが、「その主導権のもとで」という言葉がいちばん自費出版においてポジティブな一面です。自分が作りたいように作れるのです。これに限ります。自分の作りたい本を自分の好きなデザインで、用紙で、製本で……。何しろ自分がもっとも好きになれる本を作ることが出来るのです。

自費出版の定義は、お判りになりましたか?


自費出版とは、部分部分は例えば、編集、デザイン、組版、印刷、製本、ときには流通までをいろいろな人に手伝ってもらいながら……つまり費用はかかりますが……自分の一番好きな本を作ることなのです。
歴史
出版って何かということを考えたとき、「出版とは、あるネタを文章や写真などで記し、これを書籍や雑誌としてで発行すること」ということになるでしょう。

出版は一般に印刷によって行われます(最近では印刷ばかりでなく、オンデマンド出版や電子出版などもありますが)。ですから、出版の歴史は、印刷技術の歴史でもあるわけです。

印刷技術が出来る前までは、写本として人が手書きで写す作業しかなかったので、本はとても貴重なものでした。えらいお坊さんが写本をするために中国などに渡って行ったのです。

7世紀頃には、中国では木版の印刷なども行われていましたが、まだまだ一般に書物を普及させるほどの技術ではなかったようです。

1450年代にドイツのグーテンベルクによって活版印刷の技術が完成され、「四十二行聖書」などが刊行され、やがて出版は宗教と結びつき、広く一般にまで広まるようになります。

日本でも戦国時代には、一部のキリシタンの間で印刷物が普及し、江戸時代には木版印刷による印刷物が多く一般にまで普及していきました。近代的な活字印刷は、明治時代になってようやく広まります。同時に出版物に対する政府の規制も始まり、それは、第二次世界大戦終了まで出版法という法律の廃止まで続きました。

現在では、誰でも出版物を作成できますし、言論や表現の自由が憲法によって規定されています。しかし、一方でモラルの低下や、プライバシーの侵害などの問題点も指摘されています。

出版の良さは新聞やラジオ、テレビ、インターネットに比べて情報伝達のスピードで劣りますが、一方で正確性、蓄積性などに優れています。出版物は、100年後にも読まれることがあるのです。
種類
自費出版の種類って、いったいどんなものがあるでしょう?

もっとも多いのが「自分史」だと思います。生い立ちから現在にいたるまでの自己の半生記や、自分の学生時代の、サラリーマン時代の想い出。社会の移り変わりや人生観や哲学などを織りまぜた人生を振り返ったものが多いようです。

最近では「写真集」も多くなってきています。デジカメで撮りためたものを一冊の本にまとめると、また違った面白さが出てきます。これからますます盛んになっていく自費出版の分野ではないでしょうか?
「絵本」を自費出版したいというひとも多いようです。お母さんが自分の子供のためにこんな「絵本」があったらいいのに…と感じたとき。それが衝動になる事も少なくないようです。イラストに自信があるひと、児童文学に自信があるひと、どんどんチャレンジしてみて下さい。

「小説」も多いです。大学の文芸部に限らず、最近では文化センターなどで小説の書き方講座なども多く見られます。

「漫画、コミック」は日本の新しい、そして誇るべき文化に育ってきています。その底辺を支えるのが、同人誌という「漫画、コミック」を描くアマチュア漫画家達だと思います。その層の厚さが今の文化を引っ張っています。

俳句、和歌などの作品を集めた「句集」や「歌集」。絵画、書道などの「画集」や「作品集」、その他「詩集」などもろもろの趣味の作品集が考えられます。

ブログが大人気です。手軽に出来ますよね。そのブログをそのまま活字にした「エッセイ集」なども最近では増えてきています。こつこつと原稿を書きためて、自費出版するのは案外お手軽に出来そうです。

昔から「郷土史」の多くは自費出版されてきました。採算に合わないが、とても価値のあるものです。公費で出版するものもありますが、自費出版で出された「郷土史」はその何倍にものぼるでしょう。

「研究論文集」も自費出版されます。
経済、社会、文学、歴史、自然、文化など、あらゆるジャンルの研究書、論文集が自費出版されています。

故人を偲ぶ「文集・追悼集」もありますし、もっとも皆さんが身近に経験してきた、「卒業文集」なども自費出版のジャンルに含まれると思います。
後悔しないために
何のために自費出版したいか? 

少なからず自費出版にはお金がかかります。最も安い製本(論文など)でも数万円。全ページカラーの写真集や絵本や画集、あるいは箱入りの句集や自分史など、目いっぱい豪華にすると数百万円もかかります。せっかくお金をかけて出版するからには「作ってよかったー」という気持ちになりたいものです。そのためには何のために自分は出版したいのか、目的をしっかりもって制作したほうが、よい結果が出るようです。

自分の作品を残しておきたい(アーカイブしておきたい)だけの人。知人に配って読んでもらいたい。いやいやもっとたくさんの人に読んでもらいたい。いやいやいやいや、どうせなら本を売って儲けたい。

自費出版する目的は様々です。残しておくだけといってもいろいろあります。自分の部屋の「本棚」レベルから多くの人に目の触れる「国会図書館」に納本してアーカイブしてもらうレベルまで……。一口に知人といっても、例えば子孫に自分の歴史を知ってもらいたい場合や、後継者に自分の経営論を残したい場合、古くからの友人にあるいは、地域の人たちに……。

誰に読ませたいのか? 
何のために読ませたいのか? 
何を読ませたいのか? 

様々なシーンが考えられます。自費出版の5W1Hを考えてみるとよいかもしれません。自分の作品の目的をすこし考えて、自分の作品が読まれるシーンを想像してみて下さい。そうすると自分の作品のイメージも明確になっていきます。それが、後悔しない自費出版の最初のステップです。

はじめての自費出版より引用


自費出版(じひしゅっぱん)とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、著者が自分で費用を出して出版することである。商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、個人が自由にコンテンツを出版することができる。インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。

書籍出版を中心とする多くの自費出版物は、出版取次と呼ばれる書籍の流通仲介業者を通して書店で販売される通常の商業出版物とは異なり、市場での販売=収益確保が期待できない。このため、既成の出版社では出版を引き受けてくれないことなどから、印刷会社などが直接その製造を個人から請け負う形が一般的だった。主として1990年以降、自費出版を行う個人の増加や出版不況などを背景として、自費出版を専門に行う出版社や商業出版と同時に自費出版も請け負う出版者が増加した。2000年以降には、書店と直接契約するなどで「書店販売を行う」ことをセールスポイントとして大手新聞などで著者を募集する「共同出版型」のビジネスモデルや同じく大手新聞などで出版賞募集をPRし、入賞作品を自費出版に誘導する「出版賞型」のビジネスモデルが登場してきた。

現在、自費出版を専門に行う企業の団体として、NPO法人日本自費出版ネットワーク(1996年9月設立。2004年3月にNPO法人化。2007年3月現在の会員は約110社)がある。また、自費出版の編集者を中心とした団体として自費出版編集者フォーラム(2007年3月現在の会員は約50社)がある。自費出版書籍を専門に集めた民間施設として自費出版図書館がある。

似た意味としてオンデマンド出版という言い方もされるが、これは出版のひとつの技術的・販売方法の差異を示すもので自費出版だけをさすものではない。その多くが自費出版の生産に利用されている事実はあるが、絶版本の復刊など商業出版での利用もある。

コミックマーケットなど同人誌即売会で販売される同人誌も大半は自費出版である。

wikipediaより引用

自費出版の口コミ情報です

グーグル対策のテキストリンク
... 葬儀 NTTフレッツ光 トラック買取ねっと SEO対策リンク SEO対策簡単リンク 簡単SEO対策リンク 出会い 出会い系 キャッシング クレジットカード 証券会社 保険比較 お小遣いを稼ぐ 自費出版・編集・校正 マイカーローン キャッシングの申込を ...
キンコーズとは
... 印刷もプロ仕様のものを使えますから、自叙伝や個人で同人誌や写真集、 自費出版の小説や童話のようなものも簡単に作ることができます。 インターネットに接続できる環境があれば、キンコーズを利用して 自宅から全ての印刷から発送まで一括して行うことが ...
IPOの出来るネット株について
それにしても忙しい日が続きます…。今日は、知り合いに頼まれていたネット株の勉強をします。 うむむ、なにやらPCの挙動がへんだ。先日ソフトを入れたのがやばかったかもしれない。これはいかんなあ。下手にさわると余計おかしくなりそうだ。参ったぞ。 ...
9月
... 14 ルチル 崎谷はるひ SUGGESTION 14 ルチル 杉原理生 世界が終わるまできみと 21 吉原理恵子 銀の鎮魂歌 日本文芸社KAREN文庫 25 ふゆの仁子/奈良千春 獅子の黒炎 (仮) ラヴァーズ文庫 20 ひちわゆか/円陣闇丸 BBN 12時の鐘が鳴る前に ...
入門書として最適なパワーストーンの本!
... また会いたがってます(^_^;)) そして、今日のお薦めはパワーストーンの本! 『パワーストーン&宝石の事典』 (日本文芸社/タナカヨシコ著)。 自分的には、とっくに紹介したつもりでしたが、 まだでした(^_^;) フルカラーで写真が美しい1冊。 ...
賭け。
... 動画制作&共有サイト「フレフリ」写真からできる簡単オンライン動画 本格的な写真集も『個人書店』 www.kojinshoten.com 自費出版・個人出版、気軽に店頭打合せ。 ドリコム Recommend Links powered by Overture Posted at 09:48 | Diary ...
謎の自費出版本
ある日、大阪の下町を走っておりましたら。 リヤカーで自費出版本を売るオッチャン発見。 ほほぉ。自費出版とはオッチャンなかなかインテリやな。 この手のオッチャンの書く本は結構哲学的やったりするんや。 そう思いながら車で徐々に接近。 ...
P.S.元気です、水魔ぁ
終わったーーーーー!!! 書いたよ『自分史』! さすがあたし! さすが北城の子!!! とか調子のってブログ書いてるけど、課題はまだまだあるのよねん↓↓ 読まなきゃいけない本が ... 自分史書いてて思い出した。たくさんの出来事。 某スポーツの祭典 ...
2007年9月12日
... 3人の妄想CG集です。3Kです。■収録画像はJPG、HTML形式で作成してあります。 JPGが見れれば問題ありません。 フォルダから直接でも普通に見れます。★なお閲覧には、 18年以上の自分史とティッシュが必要です。
さビ
... 2524 http://www.mercury.sannet.ne.jp/galleryq/ ■期間 07/9/10(月)†9/15(土) 11:00†19:00(最終日17:00)日曜休廊
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25