「こころ(夏目漱石著)」の先生。
何回書いても、若くなってしまう。