東方歌詞

東方Projectの曲やアレンジ曲に歌詞を付けてみました。
お気にいただければどこででも勝手に使用していただいて構いませんが
書き手の名前も添えていてくだされば幸いです。

※マークは試しに管理人が歌ってるMP3があるよ、っていう意味です。

元曲名 歌詞タイトル
亡き王女のためのセプテット Master&Slave ※1
恋色マスタースパーク Reckless Magic
U.N.オーエンは彼女なのか? スカーレットヴァンパイア
懐かしき東方の血 歪な永夜
ラクトガール〜少女密室〜 スパイラル
ネクロファンタジア Birth〜Only your fox〜
上海紅茶館〜Chinese Tea〜 華人的常想事
幽雅に咲かせ、墨染の桜 Perfect Cherry Blossom
おてんば恋娘 H
風神少女ShortVersion パパラッチ
幽霊楽団 〜 Phantom Ensemble 再会からのアンサンブル
東方妖々夢 〜 Ancient Temple 主命-餓道鬼神斬-
ほおずきみたいに紅い魂&妖魔夜行 総てを喰らいし者
無何有の郷 〜 Deep Mountain 春なんてダイッ嫌い!
恋色マスタースパーク 緋々色ファイナルスパーク
天空の花の都 Spring of fantasia
千年幻想郷〜History of the Moon 歌月永夜 ※2
妖々夢〜Snow orCherrypetal まだ越せぬ冬
魔法少女十字軍〜秋霜玉Ver〜 人造少女神話
東方萃夢想 人の過ぎし歴史と共に
U.N.オーエンは彼女なのか? あ・ろんりぃしすたぁ
ネイティブフェイス 諏訪大戦α
上海紅茶館 たった一人の……
竹取飛翔 姫は貴族であってニートではない!
さくらさくら〜Japanese dream 幻想浪漫史記

※1 亡き王女のためのセプテット ギターでジャカジャカやりながら
1番だけ歌ってます…
コードが適当だけど (゚ε゚)キニシナイ!!
※2 千年幻想郷〜History of the Moon サーバの1ファイル容量上限の
関係で携帯電話用かってくらい
音質悪いです…
演奏は楽譜ファイルの自動演奏。

―――――――――――――――――――――――――――

亡き王女のためのセプテット

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

紅い悪魔と その従者が

今宵も時と 運命を操る


辺境の巫覡(ふげき)と 黒い魔法使い

妖霧を払い 紅い館目指す

湖に浮かぶ 霧でよく見えない

小さな畔に 彼女達はいた


魔の門番も病弱魔女も氷の妖精も

ただ総ては一つ 生血を啜る「夜の王」の為に


 「育み」は棄てた 喰らい生きるだけに

 哀しみ等無い I'm just scarret child.

 欲しい物も無い If it wishes for more.

 いつも居てほしい I want you maidservant.


Silvery long hair そして増えるナイフ

全ての角度を 襲う殺人ドール

空間が歪む そしてTime stop&skid

彼女が永く 遊べるように

疲れや不満 悩みしがらみそんな事より

ただ命を懸けて 全てを懸けて護りたいから

 赤い瞳が輝く 悪戯に微笑む
 
 幼い身体に 永遠を見る

 欲しい物は無い If it wishes for more.

 いつも居てほしい I want scarret child.

紅い悪魔と その従者が

今宵も時と 運命を操る・・・

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

レミリアと咲夜のラブソングみたいになっちゃいました。
この二人ネタが浮かびやすいんですよ。

東方系の曲って女性キーがほとんどだから歌うのが結構大変

―――――――――――――――――――――――――――


恋色マスタースパーク

作曲:ZUN 作詞:ヒカル


別に仲が良かった訳じゃない だけどたまにここにやって来て
いつも笑う顔は変わらない 何が起きたとしても
空を舞う黒いドレス 邪魔する者 総て吹き飛ばして
所構わず 魔砲を放ち 作る騒ぎはいつも君の楽しみ
星をばら撒き 箒に乗って逃げる 疾風怒濤 悪魔の申し子 それがアイツさ


笑える事をいつも探してる 遠慮なんかしても仕方ない
人生たった一度きりだから 私は止まらないぜ
束縛をさせはしない 自由ならばそれで問題は無い
相手構わず 宴会誘い 作る騒ぎは総て私の遊び
首を突っ込み 周り焚きつけ逃げる 傍若無人 悪魔と呼ばれる それが私だ


彗星の如く 光纏い我が道駆けて 黒い魔法使いが登場
騒ぎある場所 いつもすぐに現れ笑う 邪魔をすれば挨拶代わりにマスタースパーク

所構わず 魔砲を放ち 作る騒ぎはいつも君の楽しみ
相手構わず 宴会誘い 作る騒ぎも総て君の楽しみ
悪魔 妖怪 鬼に亡霊 誰も止める事の出来ない少女さ 霧雨魔理沙

※東方永夜抄の方でなく、東方奇闘劇・ひえろぐらふ作のアレンジ版への歌詞です

―――――――――――――――――――――――――――

後書き

魔理沙の事を考えると何故かこんな歌詞が浮かびました
悪魔の申し子は自分で歌ってみた時ツボにはまって笑いましたが
魔理沙自身が自分で悪魔の申し子って言いそうな感じがするのは私だけでしょうか?
『トラブルメイカー』も入れたかったかな

―――――――――――――――――――――――――――

U.N.オーエンは彼女なのか?

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

夜を支配する 永遠の幼月

Five hundred over it alive

Childishness scarlet vampire


 Cross coolness but, 「Garlic the badness」

 I can't know the nature cool.

 I don't want to feel sunlight but!

 I want to go out!!!!

 It fears me person, Is not blood.

 Leftovers return bloodness

 何百年も血に塗れた牙は光らない・・・


黒い闇の間  紅く光る眼

「堕」も「怠」すら無い

Childishness scarlet vampire


 白も紅く染まる 微笑浮かべるその口元に

 大きな喜びと 小さな悪態

 弾幕も札・魔砲も 受ける掠る流す避ける

 何百年も血に塗れた牙は光らない・・・

―――――――――――――――――――――――――――

後書き

フランドールのステージ曲なのに歌詞の内容は
レミリアだったり。まあ吸血鬼繋がりだしいいか。
文法的におかしかったり正式な英単語でない物があったりしますが
よく分からない世界の住人の詩ですので違和感を感じてもスルーしてください。

―――――――――――――――――――――――――――

懐かしき東方の血

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

風が優しい この夜 月に誘われ歩いた

何故か 視界が遠くて だけど足取りは強く

ただ 面影感じただけじゃない

そう見たのは永夜の報い

遠く 遥かな だけど懐かしく

そう 確かに知っている この血

眩しい螺旋の 光避わしながら

騒ぐ 湧く 沸き立つ血の 思うままに


そこに”いた”はず なのに 気配残して 消えた

包まれた様に見えない 空は感じるままに

人が惑わされる十夜 過ち犯した妖(あやかし)

過去(きのう)振り返り 現在(いま)生き 未来(あす)見る

限りなく続いた 永夜に

粒子 降り注ぐ 身を掠めてく

そう もう歌しか聞こえない

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

ずっと前に書いてたんだけどアップし忘れてたw
初めて歌詞付けてみた曲だったり。

1番サビの最後のフレーズは低く、
2番サビの最後は高くしてさらに1番サビリピートに繋いだら
いい感じになるかも。

―――――――――――――――――――――――――――

ラクトガール〜少女密室〜

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

(0:13〜)
ここに居れば 落ち着くけど 感じない


沸かない 冴えないまま 知識を詰め込むだけの日々

窓も無い 日陰で書を貪るだけで終わる

新しい 星と月見つけて変わる訳じゃない

大人しく 音もなく 静かに床につくだけ


…流れ星をいつか 捕まえても

 私は少女のままで…

寒気(さむけ)のする炎 熱い寒気(かんき)

土に還る空に …そう

流れのない風に 水は揺れる

優しい狂気の中で

心照らす霧に 闇が光る

衝動は凍ったままで


溢れ出す生の塊 眩しい黒い魔が放つ 

どこまでも追いかける 神々しく邪を喰らう

想い出は還らない だけどいつかは蘇る

新しく符に込めて 総ての理(ことわり)を知る


鍵は開くけれど 知られず居て

止まった時さえも…

妖しい牙を持つ 幼悪魔

不思議と安らいだ

流れのない風に 水は揺れる

優しい狂気の中で

心照らす霧に 闇が光る

衝動は凍ったままで


沸かない 冴えないまま 知識を詰め込むだけの日々

窓も無い 日陰で書を貪るだけで終わる

想い出は還らない だけどいつかは蘇る

新しく符に込めて 総ての理(ことわり)を知る

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

何気なくギターでコード弾いてたら(Dm-A7)
「あっこれラクトガールのサビっぽい」っと思って
感じるままに歌詞書いてみました。
それだけ。

―――――――――――――――――――――――――――

ネクロファンタジア

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

(0:47〜)
白面金毛九尾の狐

三国を股に駆け大罪の果てに

石となり生物を侵す

亡骸に生命を与えてくれた

新しく生まれ変わった私はあなたの為に生きる

少しでも近づきたい 「そこ」に辿り着きたいから

難題も背かない その先にあなたが待っているから

一歩でも 境界に そこに辿り着ければいい

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

内容は紫に対する藍です。
短い、とにかく短い。
でも無駄に長くすると不自然になるししょうがない、ということで。
サビの後は英語の語りでも付けるといいかも。
歌詞付けたとこだけ見てよく考えたら

少女幻葬でも良かったんぢゃ…

―――――――――――――――――――――――――――

上海紅茶館〜Chinese Tea〜

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

遠い記憶遡る 見慣れないけど

弱い心晒す ただ一つだけ思い出す


一人きり立ち尽くす 見慣れた景色

眼差しはまだ遠く 張り詰めた意識探す

変わらず時は動く 調和してゆく

「馴染む己」嫌い 身体は変化求める


固く閉ざした 扉の前に 立って

護るフリして 破れる者探していた

想いの総てを気に込めて 華やかに彩雨を走らせ

最後に立つのを期待して 力を尽くすこの颱風


符と符のぶつかり合い 血沸き踊る

変化した日常に 開けない心恨む

目の前張り付いてる 光掠める

振り切れない相手に 「誰か」の面影をみる

周りの地が荒れても 心は咲き

浸る姿の横 ふと黒い影が走る

追いかけ 追いかけても 姿は消え

戻った日常に 顔笑い胸空しく


恋、夢、魔、霊  遠い出来事のように

立ち続ければ また逢えるかも知れない

数刻過ぎて霧が晴れて 変わらぬ日常も変化し

数日ごとに訪れては 心紛らわす黒い影


符と符のぶつかり合い 血沸き踊る

変化した日常に 開けない心恨む

目の前張り付いてる 光掠る

振り切れない相手に 「誰か」の面影をみる

一人きり立ち尽くす 見慣れた景色

眼差しはまだ遠く 張り詰めた意識探す

変わらず時は動く 調和してゆく

「馴染む己」嫌い 身体は変化求める

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

中ごk…いや美鈴は退屈だったんですよ。
精一杯ぶつかっても適わない「敵」が欲しかったのかと。

境遇は違うけど心境は鬼の哭く町カサンドラの衛兵みたいな。
これもちょっと違うかw

―――――――――――――――――――――――――――

幽雅に咲かせ、墨染の桜〜Border of Life

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜(一部ゲーム引用)


(0:28〜)

咲いて咲いて蝶になれ 人も霊も妖も

桜、桜 儚くも 咲き乱れて舞い上がれ

(1:05〜)

彼の世に 封じた 嬢の亡骸を探す

尽くしてみても 決して開く事は無い

今でも佇み 咎重き桜の花

生きては見れず そして死しても見れず

白い華 石の坂 魂の迷い断ち切り

時を また受け入れる

総て 惑う程に咲き乱れていても

ただ あれは一片だけで散る

桜、桜 華やかに 咲き乱れて舞い上がれ


(以下ループ)

―――――――――――――――――――――――――――

後書き

この曲、初めて聞いた時すごく感動しました。
感動しながらリポジトリ・オブ・ヒロカワを必死に誘導してました。

―――――――――――――――――――――――――――

おてんば恋娘

作曲:ZUN 作詞:ヒカル

(0:07〜)
IQ 一桁チルノ H(まるきゅう) 馬鹿の証
知能は所詮子供で やる事なす事 スカ
恐れを知らぬボスキャラ 邪魔する巫女と魔女に
手を出し 冬の妖精 KO 見事撃沈

秋の妖精が逃げ 季節が冬に変わる
悪戯好きな妖精一人 能天気に飛んでいく
冬の妖精集め 地上に雪を降らし
寒さを好む妖精達が自分の遊び場作る
春の妖精来ても 居座り冬が続く
我侭でおてんばな娘が 季節を乱し始めた
妖精を倒しても 夏まで雪が残り
お馬鹿な娘のせいで春は桜が咲かずに終わる
余計な事をした為 降格処分の
IQ 一桁チルノ H(まるきゅう) 馬鹿の証明
知能は動物並で やる事なす事 馬鹿
今では とあるステージで出てくるただの中ボス   
スペルはたったの一つ ホントに元はボスキャラ?


―――――――――――――――――――――――――――

紅魔郷ルナティック、何回この妖精でリセットした事か…
八つ当たりと知りつつ思いっきりチルノを馬鹿にした歌詞を書いた
そして中ボスから自機に昇格した事にもあえて触れなかった

これを作ってからマジで2面ノーミスが出来なくなった…
ひょっとしてチルノの呪いだろうか?

―――――――――――――――――――――――――――

風神少女(ShortVersion)

作曲:ZUN 作詞:ヒカル

(0:20〜)
平和な世界に紛れている 隠れた秘密を探しに行く
退屈な日常に飽きたなら 自分で楽しくすればいいだけ

華の異変に誘われて私は行く 撮れるかもしれないスクープ
誰かが気付く前にカメラに収めてしまおう 特ダネは私のモノ

あぁ 生きる者みな 秘密隠して生きるなら
私は真実を広めるだけ 嘘は吐いていない 多分
異変に誘われて私は行く 撮れるかもしれないスクープ 探し求め
隠された事ほど面白いモノは無い だから 白日の元に曝す

弾幕が降り注いでいる 私の新聞に腹を立て
襲ってくる野蛮人 私は戦う 本当の事を皆に知らせる為にも
何があっても私は暴力には屈しない ペンは弾よりも強い


―――――――――――――――――――――――――――

正義の報道記者のようでただの暇潰しにも思える文の行動をそのまま
歌詞にしたつもりです 真相とゴシップ記事のコラボは天狗娘の楽しみ
彼女のおかげで幻想郷は今日も新たな騒ぎが始まるだろう

作ってから思ったけど文って戦うより(現実から)逃げる方だったんじゃ?
―――――――――――――――――――――――――――

幽霊楽団 〜 Phantom Ensemble

作曲:ZUN 作詞:ヒカル

(0:25〜)
今開いた扉の向こうにあの子がいたね 昔と変わらぬあの頃の 
面影残した少女の姿のままで 無邪気な笑顔で微笑んで

今生の別れだと 二度と逢えないと知らされ
どれだけ時が過ぎたか 忘れるほど前に
無くした筈の笑顔 幻でも見ているの?
終わった楽しい時間 消えた君の姿
もう一度逢いたいなんて 叶わぬ夢と思ってた
思いがけない場所で また君と出会えた
泣かないと決めたけど どうか今だけ許してね
流れる涙の訳は悲しみじゃないから

(2:18〜)
今閉ざした扉がもう二度と開かぬように 昔と変わらぬあの頃に

戻ろうと決めた少女の願いは強く 無邪気な笑顔を抱きしめる(〜2:41)


―――――――――――――――――――――――――――
後書き

これはHやパパラッチを作る前から途中で止まって眠っていた歌詞です
三姉妹の設定を詳しく知り(設定を半分見ていなかった)やっと完成しました
私見ですが妖々夢は涙を誘う曲が多いです(でも妖々夢が一番好きだ)
―――――――――――――――――――――――――――

東方妖々夢 〜 Ancient Temple

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

(0:46〜)
いつも このまま 過ぎ去る 散る花の様に

冷たく終わると 思っていたけど

私を動かす その一言だけで 一片咲いた 春を集めて


終われば散るだけ その為に全てを尽くして

貴女の剣となり その花咲かせましょう

 白い刃 総ての迷いを切り開き

 辿り着いた 真実だけを知る

 我が身朽ちても 悪鬼羅刹とも斬り潰し

 幽明分けても 主を護り抜く

 光る刃 刹那に十殺の血を見る

 悩み悔やみ 総てを切り裂いた

 何の刃? ただ一人だけを護り抜く

 
誰の刃? …ただ一人の為に

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

タイトルの意味は
「自分の総てを捧げた主の命なら、
 為なら例え餓鬼道に堕ちようとも人も鬼も仏すら斬る」
覚悟の表れ、という感じです。
一直線で真面目な妖夢を自分なりに真面目に解釈してみました。

歌うとすれば高めの男性ボーカルが似合うかも。

―――――――――――――――――――――――――――

ほおずきみたいに紅い魂&妖魔夜行

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

(ほおずきみたいに紅い魂 0:19〜)

闇夜に揺らめく空間 生も死も全て貪る

Sight…目の前広がる 黒い『何か』

小さくされど目を引く 気を抜くと引き込まれる

Down…そこには血塗れの 少女がいた

生き肉を喰らう 屍も喰らう …誰もいない 暗がりの中で

妖しく笑う 暗闇の中 血塗れた歯で笑う 宵闇纏い

(こっから妖魔夜行 0:14〜)

そう 次第に Blood! 固まる

ああ闇夜に Fly! 舞って飛び交う

 聖者も愚者も 愛も勇も誇も 引き裂いて 十字架(クロス)に磔られる

 善も悪も無い 総ての生を血に染めて 喰らい尽くしてあげる

 噴き出した紅は やがて黒に染まる 抜けられない 引き込む In the dark&black night

 光射さない 暗闇の中で眠ればいい 十字架の様に…

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

マジっぽく書いたけどるーみゃだからなぁ…
ほのぼの系でも良かったかも…

ちなみにコレ歌おうとするとサビで舌噛みがちになるので注意をば。

―――――――――――――――――――――――――――

無何有の郷 〜 Deep Mountain

作曲:ZUN 作詞:ふぇいく☆すた〜

(0:00〜)

白く染め上げた世界 まだ冷たく残る…

(0:18〜)
土も草も木も全て 銀色に染まってく

全部白に埋もれてる そんな世界に現れた

柔らかい雪の様に 優しく包んでくれた

そんな幸せ奪い去る 桜の花が憎い

(0:45〜)
この季節が終わっても 離れたくはないよ

でも去り行く時は来る 運命って残酷だね

でもずっとずっと離れても きっときっときっと忘れない

だからあの木が朽ちる頃 また絶対帰ってきてね

(0:00〜)
雪がとけ花が咲く 春が訪れる…

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

春は出会いの季節ではあるけど別れの季節でもあるんだよなぁ…
そんなちょっとシリアスなレティに対するチルノの気持ち。

バカって言われてもいい、親愛なる者と離れたくない。
傷つき寂しい賢者より楽しく明るい愚者でいい。

―――――――――――――――――――――――――――

恋色マスタースパーク

誰が見ても 完璧なトラッシュ

だけどそれが魔力帯びたなら

全部蒐集 すぐにしてみせる All for the my life


迫る 襲う カタチ成す弾丸(タマ)  

掻き消す 全て たった一つのレーザー

Graze on Graze on Shot!

嵐抜けて 目の前 Rock on ブッ放せ蹴散らせ皆

Burst out Spell on crash!

夜空煌めく星も 弾丸も魔砲も全て手中に

All for me! …to spark!

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

ハイ1番だけの未完成です…
影山ヒロノブ氏あたりに熱く歌い上げてもらいたいです。

―――――――――――――――――――――――――――

天空の花の都

(0:52〜)

暗く吹雪く空 

永く白い雲抜けると

小春の息吹のなかで 小さな妖精が笑顔を振りまく

気付けば白く白く

冷たい雪は花びらへ

幽雅な香りに包まれ 桜は舞い降りてく幻葬の天空(そら)へ

凍る大地と裏腹な 天上の楽園

涙払うと目の前立ちはだかる異界への扉

生も芽生えすらも縁の無い はしゃぐ騒がしい霊

深い業を背負いながらそれでも 陽気な姉妹達



青く白く明るい 生命(いのち)総ての源

優しい春は 雲の上の桜花結界 留められ眠る

足を止める霊(たま)は 静と動の低気圧

苦楽も悲哀も幽明に閉ざされ 咲き乱れる 幻奏の弦(つる)で


管が深く響く それを立てる鍵盤と 

優しく激しく 包み込む様に揺らいでゆく魂柱と弓で

足を止める霊(たま)は 静と動の低気圧

苦楽も悲哀も幽明に閉ざされ 咲き乱れる 幻奏の弦(つる)で

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

SOUND HOLICの同曲アレンジと歌詞被らない様に意識して書いたつもり…
とりあえず妖々夢四面のみを集約した感じです。
前奏中も何かコーラスみたいな部分を入れたいがまあ一息ついたのでこれで。

―――――――――――――――――――――――――――

千年幻想郷〜History of the Moon

(0:22〜)

幾千の刻を越え 流れる罪と罰

二人を繋ぐ故郷も 今は夢の跡

穢れた大地の果て 幻想の龍が眠る

真実の月今何処にある? 夜は終わらない…

運命があるのなら 神が居るのならば

会い見えた事は奇跡じゃない 必然の通り道

裏切りの果てに在る 罪までも拭おうと

幾年前からも変わらない あなたと共に生きる


(1:38〜)

溶け出す日常から 時間さえも忘れていく

まどろみ過ぎて行く 悠久…

賤しき妖と 夢幻の刻を過ごす日々

記憶を呼び戻す 月が…

醜く殺しあう 其の様穏やかに見守る

限りない生命を遊べ

奇麗に殺しあう 狂気に染まった月の下

限りない骸と枯れた慟哭 

悔い無き生の果て 何時々までも生き続け

穢れたこの地こそ 蓬莱の地


幾千の刻を越え 流れる罪と罰

二人を繋ぐ故郷も 今は夢の跡

穢れた大地の果て 幻想の龍が眠る…

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

歌詞タイトルに突っ込んだら負けというライジングゲーム…
ってのは置いといてちょっと不自然かな?まあいいや、
変に見えるのは永琳が天才な宇宙人だから、ってことで補完補完。

ちなみに歌入れは夜中に迷惑にならないように録音したので声がすげぇか細いw

―――――――――――――――――――――――――――

妖々夢 〜Snow or Cherrypetal

(0:37〜)

まだ晴れぬ冥(くら)い空

雪が降り注ぐ

薄紅色の花は

まだ凍てつく この地上に

舞い落ち ひらひらと

天上(そら)にある春を告げる

遥かな 異界では

…桜花乱れ舞う

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

1ループだけなのでさくっと短いです、歌というより
語り部みたいな感じがいいのかな、タイトル画面の曲だし。

―――――――――――――――――――――――――――

魔法少女十字軍〜秋霜玉Ver〜

(0:09〜)
Over top! So I'm goin' now
I'll kill he's heart for master
So don't stop! my difficulty way
I help you! therefore! leave me alone!


(0:28〜)
造られてた自我(心)と 借り物の体に今
命が宿る刹那 仮初めは永遠(とわ)となる

冥(くら)い未来さえも 白く染め上げて 
乱れ飛ぶ嵐 瞳閉じ避わす

少女は神話となる…
目を覆う 惨劇の幕を越えて

閉ざされてた記憶と 蝕まれた宿命今
忌まわしき悪の使徒 邪心と共に壊せ

救うべき者と 護る人の為に
燃えたぎる鼓動 力限りなく
大地、糧にして 揺るぎ無きこころ
壊れぬように 今こそ放て!

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

まだ1番だけです、はい…
なるべく秋霜玉のストーリーに沿って
それでいてヒーロー物系の熱い歌詞w
遠藤正明&松本梨香あたりが歌うとかなり似合うかも知れない…

―――――――――――――――――――――――――――

東方萃夢想

作曲:U2

(0:00〜)
散る花の様に己自身を 死なぬ妖に変えて
(0:15〜)
人の集いし場所へ 姿見せず現れ
人と同じ時生きて その姿見守ってきた

ただ例えればその存在は 霞のように脆く儚く
運命さえも未来でさえも 霧のように散る

注ぐのならば夢幻の愛を 共に遊戯に興じよう
触れるのならば無限の悠を 共にまどろもう

………人が在るならその存在を 霞の様に散らせ 散らせ

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

スタッフロールのテーマ。
神主の曲じゃないんだけど……神ですね、この曲。
砕月もいいけど萃夢想ではこれが一番好き。

かつては御伽草紙等の神話(?)から人間と争いを続けながらも人間と共存してきた鬼。
なんか幻想郷の妖怪と人間の関係に似てるなぁ。

―――――――――――――――――――――――――――

U.N.オーエンは彼女なのか?

作曲:ZUN     詞:ヒカル

(0:17〜)
いつも一人なの 誰も来ないの
たまには来るけど 皆逃げちゃう
私と遊ぼうよ 流行の弾幕ごっこしよう
他にはかくれんぼ 鬼ごっこもしたい
私と遊んでよ お礼はコイン一個だけど
絶対負けないよ コンテニューもさせな〜い

(1:26〜)
どうして逃げるの 私が嫌い?
もっと遊んでよ 外に行かないで
どうして皆、皆 私を一人にして行くの
私はただずっと 遊びたいだけなの
一人で寂しいの お願い ずっとここにいてよ
私とずっと遊ぼう 私が飽きるまで 

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

フランたんの「寂しいから我侭全開」な感じの歌詞になってます
短いけどこの歌詞に費やした時間10分だし別にいいか…
歌うのは勿論、可愛いょぅι゙ょ…(ロリコンデ悪イカ!!                 注:ロリコンは犯罪です(管理人より

歌が終わった後『そしてだれもいなくなった』と付け足せば完璧ではないかと

―――――――――――――――――――――――――――

ネイティブフェイス

作曲:ZUN     詞:ふぇいく☆すた〜

(0:14〜)
古き蛙(かわず)の神 恐れる民達

生きる、死ぬ、生まれるさえも土着の神のまま

国を喰らう者 大和の神々

硬き鉄の輪さえも刹那に朽ち果てゆく

(0:38〜)
我喰われ消えようとも 人の心の中の
ミシャグジへの恐怖は永久に消えることなかれ

(0:50〜)
有難がる者 恐れ抱く者

例え名を変えて呼ばれようと実は変わらぬまま

人の信仰を 繋ぎ止めるもの

快楽、幸福すらも見えぬ神罰だけ

(1:13〜)
蛙は口ゆえに、蛇に呑まるる
日ノ本が朝迎える 大和の島々
それでも下々は 蛇を恐れず
末代まで 祟られる 蛙崇めた

(1:36〜)
我喰われ消えようとも 人の心の中の
ミシャグジへの恐怖は永久に消えることなかれ
我喰われ消えようとも 人の心の中の
ミシャグジへの恐怖は永久に消えることなかれ

(2:01〜)
古き蛙(かわず)の神 恐れる民達

生きる、死ぬ、生まれるさえも土着の神のまま

国を喰らう者 大和の神々

硬き鉄の輪さえも刹那に朽ち果てゆく

有難がる者 恐れ抱く者

例え名を変えて呼ばれようと実は変わらぬまま

人の信仰を 繋ぎ止めるもの

快楽、幸福すらも見えぬ神罰だけ 

―――――――――――――――――――――――――――
後書き

リクエストがあったので書いてみました。

最初はケロちゃんと一緒に遊ぼう!って感じの歌詞だったんです……
………………何故だ!なんでこんなRPGのラスボスみたくなってんのよw

―――――――――――――――――――――――――――

上海紅茶館

作曲:ZUN     詞:ヒカル

(0:16〜)
この門は通さない それが使命
我が身 捨てて守り抜く覚悟 鈍らずにいつまでも
例え誰が来ようと 退きはしない
もう心に決めている ここは絶対離れないと

いつも貴女は 知らん顔で流す
私の気持ち とっくに気付いている筈なのに
夜空に瞬く星空も 庭園に咲いた花たちも
貴女の笑顔に敵わない 独り占めしたい気持ちになる

伝えたいこの想い 伝えられず
今日も一人 門の前 侵入者見つけては憂さ晴らし
貴女から見た私 その他大勢
脈は無いと知りつつも ずっと守りたいその笑顔
この門は通さない それが使命
我が身 捨てて守り抜く覚悟 鈍らずにいつまでも
例え誰が来ようと 退きはしない
ずっと心に決めている 貴女から一生離れないと(2:17〜)

―――――――――――――――――――――――――――
門番とは肉体的、精神的にキツイ職業である
それ故、他の事をする余裕が無いんじゃないかな〜と思いますが…
あぁなるほど、だから美鈴は弱いのか〜(笑)
人は愛で強くも弱くもなるって事を知れば、また強くなるでしょう(美鈴は人間じゃないけど)

美鈴が誰を想っているかは皆さんの想像にお任せします
でも格好良く「守る」と書いたけど紅魔館に美鈴より弱いのって
平メイドだけじゃ…                                 ←ほほう、小悪魔が中国より上と申すか

―――――――――――――――――――――――――――

竹取飛翔

作曲:ZUN     詞:ヒカル

(0:00〜)
開きはしない その襖は天岩戸(あまのいわと)
ご存知私は 部屋に引き篭もってる ニート

(0:28〜)
働かないわ 働く理由など無いの
私はお姫様 仕事なんてないのよ
忠実な下僕(しもべ)よ 私を楽しませなさい
そうよ 私ずっと 部屋に引き篭もってる ニート

座って半畳 寝転び一畳 大きな部屋など必要無いの
お金は要らない 自由だけあれば 私はずっと生きていけるのよ
永琳がいるわ てゐもウドンゲも 誰も私を咎められないの
夢のような日々 私は幸せよ

何にもしなくていいの 私はお姫様だから
この部屋は私の世界 入らないで
何とでも言うがいいわ ニートに変わりはないんだもの
どうせ羨ましいんでしょ 醜いひがみ

永遠の御伽噺(おとぎばなし) 私の御伽噺
永遠に私はニート 未来永劫 私はニート(2:10〜)

―――――――――――――――――――――――――――
輝夜のダメっぷり満載の歌詞にしてみました
ニートと馬鹿にされても構わない 短所は開き直れば武器になるのだから!
まぁ世の中はそんなに甘くないんですが輝夜は色々な点で恵まれていますね
リアルに存在するニートなんてゴミを見るような眼で見られるんだぞ!

※この歌詞は作者の生活をノンフィクションで語っています
 楽しそうでも憧れてはいけません それが駄目になる第一歩です(笑)
―――――――――――――――――――――――――――

さくら、さくら〜Japanese dream

作曲:ZUN     詞:ふぇいく☆すた〜

(0:00〜)
ダラズ ダラズ ゆかりんは少女だ
ダラズ ダラズ ゆゆ様はきょにぅだ
ダラズ ダラズ 文ちゃんはスパッツ派
ダラズ ダラズ さっきゅんは美乳だ

1:08〜
(ダラズ ダラズ えーき様はショタッ子)
ダラズ ダラズ きもけーね可愛いよ
ダラズ ダラズ 藍しゃまは露しゅ…あべし!

―――――――――――――――――――――――――――
ごめんなさいです><
―――――――――――――――――――――――――――







戻る

あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券